レシ紹介

にぼしのお味噌汁

にぼしのお味噌汁

音戸にぼし
音戸にぼし

平清盛公が一日で切り開いたと云われる広島県呉市の“音戸の瀬戸“。風光明媚なこの土地は水も美しく、海の幸にも恵まれています。本品は、音戸で水揚げされた片口鰯100%でつくったにぼしです。気候が温暖で波の穏やかな瀬戸内海で育った片口鰯のにぼしは、外洋のものと比べ、身が柔らかい為、だしが簡単にとれ、お料理の手間を煩わせません。酸化防止剤は使用しておりません。

お買い物はこちらから

本格的に煮干しのだしで定番のわかめとジャガイモのお味噌汁を作りました。

作り方

(2人分)

15分

 

昆布 10センチ
にぼし 10g
じゃがいも 1/3個
わかめ 適量
ネギ 少々
みそ 15g

材料

1,煮干し(腹わた、頭を取る)と昆布を30分以上水につけておく。
2,鍋を火にかけて弱火でじっくり火にかける。
3,沸騰直前に昆布、煮干しを引き上げる。
4,ジャガイモは、皮をむいて5mmのスライスにして水につける。
5,出汁にあく抜きしたジャガイモを入れ火を通す。
6,ジャガイモが柔らかくなったら若芽を入れ味噌で味を調える。