かねのこだわり

味つくり100年。
伝統の味を今に伝え、新しい食を創造します。

創業は明治17年。当時水橋港には北海道との間を行き来する船が多数出入りをしていました。初代・石黒豊次郎は北海道などの北国へ南の産物を販売しようと考え、いわしの煮干などの取り扱いをはじめました。これが私たちかね七のスタートです。

長い歴史が”美味しい”の歴史

大正7年には二代目・石黒重次が、花かつお削りぶしの販売を開始。製造メーカーとしての第一歩を踏み出し、以後主力商品である煮干、花かつおをはじめ、昆布巻、海苔、珍味など多角的な品揃えを展開してまいりました。
また、かね七が創業以来こだわり続ける自然そのものの風味を、簡単に食卓で味わえる顆粒だしの素に代表されるように、ライフスタイルの変遷や多様化する食のニーズに応じた新製品づくりも積極的に行っています。

自然の恵みに感謝した”味つくり”

自然の恵みを大切にし、生かしきることが自然への感謝である。

昔も今も変わらず、かね七の製品全ての根底に流れるのは、この思い。自然そのものの味や香りを損なわぬよう、1世紀以上を通して、心をこめた「味つくり」を行っております。

懐かしさと新しさを兼ね備えた味。

これからも伝統の食文化の継承発展と、新しい食スタイルの創造提案を重要なファクターとして位置づけ、消費者に愛される製品・ 会社づくりを目指し、常に挑戦者の気持ちを忘れず鋭意努力してまいります。

商品に関するご意見・ご質問は‥
メールでのお問合せ